VIO脱毛 擦れる

VIO脱毛したら下着に擦れて痛い!対処法は?

VIO脱毛をした後に下着に擦れて患部が痛いと感じる時には、適切な対処をしておく必要があります。
痛みが生じるのは、脱毛によって生じた肌への負担が残っているからに他なりません。

 

特に、VIOでは粘膜に近い部分を脱毛することになりますので、周辺を保護するためにも直接的に皮膚と下着を接触させないように工夫をする必要があります。

 

一番良いのは脱毛処理を行った店舗などからダメージを軽減するためのクリームなどをもらっておくことです。

 

脱毛した後にダメージが残っている場合には、下着などをつける時にその痛みを軽減するために保護液などを貰えることがあります。

 

こういったことを利用し続けておけば肌のダメージを軽減させることができますので、痛みを感じることがなくなります。

 

またクリニックでも、痛みを軽減するための薬などをもらえることがあります。

 

クリニックの場合は、より神経質に肌の負担を考慮していますので、痛みが生じた段階でアフターケアを相談すると問題を解決できる可能性が高くなります。

 

一番やってはいけない対処法は、痛いからといって患部に触れたり自力で対策をしようと考えてしまうことです。
レーザー脱毛などの出力の高い処理を行う時には、数週間程度のインターバルが必要になります。

 

間隔を短くして患部に対して刺激を与えると、さらに痛みが生じることになります。
ですから、下着に擦れると感じた時にはその痛みを軽減するための薬やクリームを利用することが大切になるわけです。